まずゲームグラフィックデザイナーについて


ピクセル

世に言うゲームグラフィックデザイナーとは、ゲームをプレイしたときに画面に表示される画(グラフィック)を制作する職業をさします。

グラフィックは、ゲームの第一印象を決める重要な要素なので、売上に影響するほど責任のある仕事なのです。

▼ グラフィックデザイナーとの違い

通常、グラフィックデザイナーというと紙媒体の見え方を整える仕事を差すので、ゲーム業界で使われるグラフィックデザイナーとは似て非なるものです。

また、ゲームにおけるグラフィックは三次元のCGがメインなので、媒体の面でも大きな違いがあります。

▼ 専門学校では

サブカルエンターテインメント系の専門学校には、ゲーム製作を教えていることが良くあることです。
その中にゲームグラフィックを教えている学科は必ずといって存在します。

専門学校では、座学はもちろんのこと実際にCG制作ソフトを駆使してグラフィックを作っていきます。

ここまでは、通常のどの分野の専門学校とは同じなのですが、ゲーム系の専門学校では、完成した作品を世に送り出しています。

産学共同やコンテストへの出展など、他の分野よりも作品を商品として送り出すことに積極的です。

また、さらに進歩的な展開としてゲーム会社を起業することもあるので、すぐに仕事に行かせる技術を学べます。

▼ デッサンの授業もある

二年制の専門学校では、一年次二年次ともにデッサンの授業を行います。

CGは立体とはいえ奥行きや影の付け方など、必要となってくるスキルはデッサンの技術です。

一流のデザイナーほど、デッサンの技術が優れているので、学生のうちに徹底してマスターしておきましょう。

▼ キャラクターデザイナーになるには

学校を卒業すると、大抵はグラフィッカーとして働くことになります。

その後、ステップアップを踏んでキャラクターデザイナーとなる人も多くいます。

ですが、キャラクターデザイナーを募集しているところはなく、ほとんどができるから、あるいはやりたいからキャラクターデザイナーになるというような形になっています。

▼ キャラクターデザインするチャンスもある

学校の制作実習では、生徒のみでチームを組み制作することになるので、キャラクターデザインも生徒が行わなければなりません。

キャラクターデザインをするとなると、グラフィッカーかプランナーのどちらかになります。

そう。プロの現場ではめったに味わえないデザインをグラフィックデザイナーが行うチャンスがあるのです。

また、カリキュラムの中にもキャラクターデザインをする授業も用意されているので、デザイン能力を先んじて養えます。