【初心者の疑問】現金化で使われる「換金率」とは?

クレジットカードの現金化を行う時に重要とされているのは、信頼できる業者であることは第一条件ですが、次に重視すべきは換金率です。
換金率は高ければ高いほど、お金に困る利用者には有利となります。
それゆえ、換金率が1%異なるだけで、数千円~数十万円も自分が業者に支払うべきお金が変わってくるのです。
換金率は、現金化業者のホームページに大きく掲載されていますが、注意してみないと予想より低い結果になることもあります。

ハッキリ書いている業者は少ない

業者のホームページで、換金率が「一律95%」などと表記されているところは少なく、ほとんどは「最大」や「最高」「○%~○%」という言葉を使っています。
仮に最大95%という数字を鵜呑みにしてしまうと、取引した結果、換金率が80%だったということもあります。
これでは詐欺ではないかと思うかもしれませんが、業者からすれば「最大は利用金額が○万円以上の方で、お客様の希望額では○%となります。」という理屈があるのです。
優良業者ならば取引前に、しっかりと説明をしてもらえますが、悪質な業者だと説明をしないまま手続きに入ってしまうこともあります。
そのため、換金率に関して、ホームページに記載がはっきりしていない場合は、電話で確認することが大切です。
電話できいても、中には取引が決定しないと正式な換金率を教えないという業者もいます。
そういった業者は信頼できるとはいえないので、電話をそのまま切りましょう。

換金率95%以下が当たり前な現実

現金化業者は仕事として現金化を行っているので、自分たちの利益が大切です。
ネットでは換金率97%や98%を表示しているところもありますが、別に手数料を取られたり、100万円以上の高額利用者だけの適用だったりというケースが多いです。

利用金額が少ないほど低い

例えば、あなたが1万円のみ現金化したい時に、換金率が90%だとすると、手元に9000円手に入れますが、1000円損をします。
その分業者は1000円得をしますが、1000円の金額は利益として、あまり大きいとはいえませんよね。
しかし、これが100万円現金化したい客だと、同じ換金率90%でも業者は10万円もの利益を得ることができます。
そのため、換金率は利用金額が大きければ大きいほど高い換金率が適用され、少なければ少ないほど、低い換金率になる可能性が高いのです。
~30万くらいの現金化ならば、70~85%ほどが相場くらいに思っておいた方がよいでしょう。

現金化の手数料とは

現金化では、換金率とは別に手数料がかかる業者もいます。
手数料というのは振り込み料や商品発送料、クレジットカード決済手数料などで、換金率が高い表示をしている業者では、代わりに手数料を多くとるという可能性があります。
手数料が換金率の中に含まれるか別かは、支払うお金に大きく関係しますので、取引前に確認するようにしましょう。

換金率をアップさせる方法はないの?

換金率をアップさせる4つの方法を紹介します。

業者に交渉する

ダメ元でホームページの換金率を見て、業者に電話で換金率のアップを狙ってみましょう。具体的な数字を出してほかの業者と比べている、迷っているという雰囲気を出すと、よい数字を提示してもらえるかもしれません。

キャンペーンを狙う

初めての利用者の場合は〇%上乗せなどの、キャンペーンを行っている業者もあります。

リピーターとして現金化を利用する

同じ業者を利用しているとリピーターとなり、換金率が毎回アップしていくことがあります。

自分で行う

業者を使っていては、100%の換金率はまず無理ですが、クレジットカードの現金化は業者を通さなくても自分で行うことも可能です。
高く売れそうな商品をオークションやリサイクルショップなどで安く手に入れて、専門業者やフリマアプリなどで希望額で売ります。
初心者さんには少し難しいかもしれませんが、先見の目があれば、100%以上の利益を狙うことも期待できます。
ただし金券や、ブランド品、貴金属など換金性の高い商品は、カード会社に現金化が疑われやすいので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です