クレジットカード情報を抜く悪徳現金化業者

現金化の悪質業者による不正利用はカード停止リスクもあって対処法は難しい!?

現金化はカードを不正利用する悪質業者もいる

現金化の悪質業者のイメージといえば、いつまで経っても振り込みをしてくれない、キャンセルしようと思ったら多額の手数料を請求された、表示の換金率より低すぎるといったことが思い浮かびますが、取引を終えてホッとしたあとでも安心してはいけません。
中には、現金化の手続きで得たクレジットカードの情報をもとに、勝手にカードを使うという不正利用を行う悪質な業者もいるのです。

悪質業者はどのようにして不正利用をするのか

クレジットカードの不正利用は現金化手続きが終わったあとに、気づけば自分のカードを使って買い物をされているというものです。
どのようにして、業者は不正利用を行っているのでしょうか。

カード情報を全て教えているのかも

カード現金化ではクレジットカードで決済するのが、一般的なやり方です。
業者としては、クレジット決済さえおりれば、自分のところにお金が入ってくることは確定しているので、基本的にクレジットカードの情報を渡せということはないのですが、時々画像を送ってくださいという業者もいます。
画像を請求する理由としては、名義人と申し込み人が同一か確認するためという業者もいますが、裏面に書いてある情報を他人に知られてしまうと、カードを持っていなくてもカードの番号、有効期限、セキュリティーコードをもとにネットで買い物ができてしまいます。かといって、現金化初心者の場合は、どの業者も取引において必要なのだなと思い込んでしまいカード情報を簡単に渡してしまうこともあります。

店舗型ならスキミングに注意

近年は被害が減っているようですが、店舗型の現金化業者で、購入するブランド品や貴金属のお店が併設となっている場合は、クレジットカードを通す機械などから、カードの情報を盗み取る(スキミング)をされていることもあります。
スキミングは磁気使用のカードから情報を得られやすいので、最近は磁気型ではなくICチップ型が主流となっています。

カード情報を渡さずに安全に取引するためには

画像の提示を求められたら

一般的に画像の提示を求められるといった場合は、名義人と同一かの確認をとりたい、ブランドを確認したいということが考えられますので、画像が必要な理由をまず聞くことです。よくわからない理由や我が社のルールなどといって、番号やセキュリティーコードも知りたいと言ってくる業者は避けた方がよいです。
名義人と申込人が同一か確認したいというだけならば、表面の番号や有効期限はテープや紙で覆うようにして、画像を取るとよいでしょう。

ICカードに変更する

磁気使用のカードは、スキミングの被害にあうこともあるので、ICカードに変更されることで、個人情報が流出しにくく、偽造カードも作られにくいです。

不正利用に気づくには?対処法は?

不正利用は困りますが、現金化はカード会社にバレれば、ペナルティを受けますので、対処法は一般的なカードの不正利用に比べて難しいものがあります。

カード会社が発見してくれることも

カード会社では、セキュリティの観点から、高額な買い物や連続して同じお店でクレジット決算を繰り返したりすると、カード会社が不正利用を探知してカードを止め、電話をかけて不正利用じゃないか確認してくるケースがあります。
クレジットカードには盗難保証がついているところも珍しくないので、不正利用が発覚すれば、カードは再発行され、その分は支払わなくてもよいのですが、現金化がその際バレてしまうとその分の保証は難しいどころか、そのまま退会処分となってしまうこともあります。

自分で気づくには

自分で不正利用に気づくには、こまめにWEBサービスなどを使い、カード明細をチェックする、カードの取引ごとにメールが届くようにするなどの対処が必要です。
不正利用が発覚した場合は、一般的にはカード会社や警察に連絡して、新しいカードをもらうことになるのですが、こちらもやはりカード会社に現金化のことが、バレれば無事ではすまないので、届け出するときはリスクも覚悟しましょう。
しかし、泣き寝入りして、カードを解約するのも悔しいですし、さらなる被害者を増やさないためにも、カード会社や警察、消費者生活センターなどに事情を話した方がよいのではないかと思います。

一番良いのは、申し込みをする際に悪徳業者を見極め、優良業者を利用すること。
クレジットカード現金化業者の比較なら、こちらのサイトで非常に詳しく解説されていますので、参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です