現金化で失敗した人

キャッシングとショッピング枠現金化の体験談と教訓

今回はショッピング枠現金化もかかわった借金地獄の体験談を紹介していきます。

リボ払いやキャッシングから借金地獄~体験談~

キャッシング枠を使い始めたきっかけ

希望の会社に入社した新入社員のAさんは、手取り14万で節約しながら社宅で一人暮らしをしていました。
しかし、仕事は残業つづきで、外食もつづき、食費もかさんでいきます。
加えて、友人の結婚式も重なり生活費の補填も考えて、クレジットカードでキャッシングをすることをはじめたAさん。

初めてのキャッシングでしたが、リボ払いで毎月1万円の返済だったので、借金をしている自覚もなく、その後も生活費の補填やストレス発散のための買い物や旅行でキャッシングやショッピング枠を使った買い物を積み重ねていました。
すると数か月後、キャッシング枠がいっぱいになり、カードがつかえなくなってしまいました。

気が付いたら借金だらけの状態で現金化を利用する道へ

Aさんは主にそのとき3枚のカードを利用し、キャッシングやショッピング枠の合計額は100万以上になっていました。
しかし各会社で毎月1万円ずつのリボ払いだったので、100万以上の金額まで借金をしている自覚もなかったのです。

キャッシング枠がなくなった時点でAさんが、自分の借金を自覚し、止めておくべきでした。
しかし、キャッシングを含めた生活に慣れてしまっていたAさんはどうにかお金を借りることができないかとネットで調べ、ショッピング枠の現金化という方法を知りました。

そして、まだショッピング枠が残っていたメインの3枚以外のカードも使い、今度は現金化をはじめて、生活費やリボ払いの補填に当てようとしました。
はじめは現金化業者を使っていたAさん、しかし、手数料や金利の高さから、自分で金券を使った現金化の方が有利と思ってしまい、自分でAmazonギフト券や新幹線回数券の転売をはじめます。

現金化すら利用できなくなり闇金の利用も考える

しかし、そのころ1か月の返済額は自分の手取り給与を超える額にもなってしまい、引き落としができないカードもでてきました。
すると郵便や電話でカード会社から督促の連絡がくるようになります。

そして、カードは次第に停止されたり、一括返済の案内が届いたりしてしまい、そこでAさんはヤミ金に手を出すか迷ったところで、両親にようやく相談し、立て替えてもらうことになりました。
借金はなんとかなくなりましたが、それがもとでAさんと両親の仲は悪くなってしまいました。
深く考えずにキャッシングやリボ払いでの買い物、そして現金化をしてしまったあのころを、Aさんは今でも後悔しています。

借金地獄の体験談から学ぶべき教訓

キャッシングの基本的な知識は知っておこう

Aさんの体験談はいかがだったでしょうか?
キャッシングやクレジットカード現金化を利用する上では、知っておいてもらいたいリスクのポイントが様々にありましたね。

クレジットカードを一番お得に使う方法は、手数料がかからない一括払いでお得にポイントを貯める方法です。
さて今回Aさんが使ったキャッシングやリボ払いは、カード会社のサービス機能といったところ。
これらを使う際に、十分な知識がないままでは、Aさんのように借金地獄にはまり込んでしまう可能性もありますので、この機会に押さえておきましょう。

キャッシングとは

キャッシングはショッピング枠に付随したオプション機能で、キャッシング枠の範囲内でATMにて簡単に引き出し可能となっています。
キャッシング利用額は、カードを作る際に希望額を記入し、カード会社が職業や年収をもとに1人1人の利用枠を決定します。

キャッシング枠は途中で増額申請も可能ですし、不要な方は「キャッシング枠なし」の申し込みも可能です。
金利は各カード会社で異なり、低い会社で7%、高い会社では20%くらいです。キャッシング枠を利用した場合、同時にショッピング枠も利用したことになりますので、たとえばキャッシング20万、ショッピング枠50万の人がキャッシング枠20万を使った場合は、ショッピング枠も20万使ったことになり、残りのショッピング枠は30万となります。

リボ払いとは

リボ払いとは毎月一定額を設定して返済する方法で、たとえば10万円のものを購入し毎月1万円の返済とすると、×10か月かかるという形になります。

リボ払いは返済が長期的になる分、毎月の負担額が少ないので便利に利用しやすいので、Aさんのように、借金の感覚が薄れてくるのが危ないところです。
リボ払いは長期になる分、支払う利息額も多いということを覚えておきましょう。
リボ払いの金利は低いものでは5%前後、高いものでは15%前後といったところです。

バレやすい現金化に注意!

Aさんの場合、カードの停止となった原因としては、返済計画を立てずに無理な借金が膨らんで返済が遅れたことにありますが、そもそも現金化はカード会社としてはルール違反となる行為なので注意しましょう。

クレジットカードの利用枠いっぱいの人は危険

Aさんのように、キャッシング枠やショッピング枠がいっぱいになっている人はカード会社からすれば、お金に困っている人、返済に不安を抱く人物となりますので、そのような方が現金化に手を出すと、ふつうの人よりも目をつけられやすいです。

自分で現金化のリスク

自分でやる現金化は業者に比べると、うまくいけば手取りが多くてお得感が高いです。
しかし、それなら自分で換金性の高い現金化を行う人がもっと世の中にいてもよいはずです。

自分で、新幹線回数券などを使った金券を使う人の声をそれほどきかないのは、カード会社から、怪しまれやすいというリスクが高いことが考えられます。
業者を使った方が手取り額は少なるかもしれませんが、カード会社と自分の間に仲介者がいる分、自分で行う現金化よりはカード会社にバレるリスクを低くすることが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です