現金化業者の24時間営業は本当?

現金化業者の24時間営業は嘘?ウェブ表記に騙されないで

24時間が当たり前の世の中

現代では、24時間受付中、24時間営業中という企業が珍しくありません。
現金化をする人にとっては、ATMが設置してあるコンビニエンスストアが24時間営業なので、現金化業者も24時間営業ということなら、本当にすぐに現金をゲットすることができることが期待できます。

24時間営業をしている業者は多いの?

現金化のサイトを見ると、多くのサイトで「365日24時間受付中!」といった業者や「24時間営業だから今すぐ受付可能」などと表記された業者が結構います。
世の中ではコンビニエンスストアをはじめとした24時間サービスに慣れていますので、現金化業者も24時間で営業している会社が多いということでしょうか?

24時間営業をしている店は少ないのが現実!

24時間申し込み可能、24時間受付中と書いてあっても、いざ申し込みをしたら、自動返信メールで、「受け付けました。振り込みは翌営業日になります」「月曜日にこちらから連絡させていただきます」といった定型文が送られてきただけ…。
じつは、調べていくとわかるのは実際は、24時間受付と書いてあっても、申し込みをしたら、すぐに振り込みをされなかったというケースが多いのです。
これは、詐欺ってこと?24時間営業は嘘ということ?

日本語のマジックにかかってるかも

たいていの業者では、ウェブサイトで利用者を受付、管理していますので、申込者はたしかに24時間いつでも、申し込み内容を送信することができ、コンピューターが管理しているので、24時間受付できます。
多くの業者はこのシステムのことを24時間受付中といっているのですが、これは24時間営業と少し意味が異なるようにも感じます。
実際に従業員がメールをチェックするのは、翌営業日の一般的な会社員が会社で働いているような時間になり、(大体朝9時~夕方や遅くても夜9時くらいまで)振り込みの手続きをされるのは、それからになります。
たしかに日本語として、申し込みを受け付けできる=営業している、という日本語はある意味ウソではないのかもしれませんが、24時間の自動受付のことを24時間営業という表記をしている業者は、正直いってあまりよくないと思います。

なぜ業者はできないことを堂々と言っているのか

ここで疑問に思うのは、なぜ、このような誤解されやすい、ある意味で客から苦情が来そうなコピーを使っているかというところです。

ほかの業者への対抗手段

換金率の最大96%、最高98%や最短5分の振り込み、振り込み最速10分!などといったコピーと同じく、24時間受付!というのは24時間営業と思い込ませて、客を呼び込ませるためのキャッチコピーだと考えられます。
おそらく、どこかの業者がはじめたのが、広まったのではないでしょうか。
しかし、中には真面目に24時間営業をしている現金化業者も少数ながらにいるようなので、そういった業者から見れば、見分けがつかなくなるので迷惑な話だと思います。

現実的には厳しい24時間営業

多くの現金化業者で24時間営業が難しい理由としては、人件費があります。1日中1人の人間が働き続けるなんて難しいですし、利用者が多いとその分従業員もいないと会社の利益も
伸びません。
かといって従業員を雇えば雇うほど、出ていく人件費も多いですし、働き手を得ることも難しいでしょう。
これは24時間営業が売りなコンビニエンスストアでも、近年時給が安い、キツイなどの理由から人材が確保できず、出店数が伸び悩んでいる原因にもなっています。
ネットで行う現金化は審査がないので、すべて受付から振り込みまで、コンピューターが自動的にやるということも可能ではありそうですが、本人に電話で意思確認をするということもあるので、完全なコンピューター化はまだまだ難しいのかもしれません。
そのため、24時間営業ということであれば、それだけ人件費を支払うために、換金率を下げて行うかということになりますが、それこそ利用者を減らしてしまう原因にもなりかねませんので厳しいのではないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です